看護師が転職するきっかけってこんなにいろいろ

准看護師:些細なことで転職して大失敗

いい職場だったのに些細なことで転職を

40代前半の女性准看護師です。私は准看護師になって1年で、最初の転職をしました。きっかけは些細なことです。最初の職場は、求人誌で探して応募したのですが、他の病院に比べると、看護業務も少なく、時間もゆったりとしており、いまから考えるととても良い職場だったと思います。ただ、同期に同じ年齢の准看護師が入職したことで、比べられることも多くなり、それが嫌になって転職をしてしまいました。

転職したことをいまでも後悔

転職先は、とある総合病院だったのですが、私はそこで激しいいじめに遭いました。もともと、看護師の間のいじめがひどい職場で、すぐに辞めていく看護師がすごく多かったです。私も転職してすぐに後悔しました。いまだに、最初の病院を辞めなければよかったと、転職したことで本当に無駄な時間を過ごしたと、ずっとそう思っています。

とにかく質の悪い看護師の独壇場で

とにかく1人、本当に厄介な看護師がいて、下手に仕事が出来るタイプであったため、その人がいることでみんな仕事を辞めていくようです。私もその人に指導と称して、いじめとしか思えない扱いを受けました。ただ、話によると、その人は他の病院では、かなり嫌な目に遭ったこともあるらしく、その反動で自分より仕事が出来ない人などをターゲットにして、ネチネチといじめをしているようです。また、その人が入職する前は、比較的人間関係は良い職場でもあったそうです。そのため、古くから在籍している看護師の中には、いじめる看護師に意見した人もいたそうですが、逆に嫌な目に遭わされ、すっかりその人の独壇場になっていました。

隣の芝生が青く見えても我慢は必要

隣の芝生はどうしても青く見えるため、他に移りたい気持ちになりますが、看護師は経験が大事ですし、経験を積まないことには、仕事にもなりません。だから、ある程度の我慢は大切だと思います。人からどう思われようと、看護師として仕事をするならば、下手なプライドなどは捨てて、ただ仕事を頑張るのみでもあります。私は、その後また転職し、現在は精神科で仕事をしていますが、こちらも比較的ゆったりとしていて、人間関係も良いため、転職などは考えず、ずっと働いていくつもりです。