看護師が転職するきっかけってこんなにいろいろ

パソコンができる職員がおらず看護師なのにその負担が

現在は子育てで休職中

夫、子供2人と暮らしています。現在は出産を機に退職し、専業主婦をしていますが、看護師と保健師の資格を持っています。看護師は11年、保健師は1年の経験があります。転職は3回しています。そのうち、特に大変だったなと思うのは、3回目の転職で中規模病院の緩和ケア病棟に勤めたときでした。

契約外のパソコン操作に追われることに

その職場は、自宅からも近く、日勤のみの条件でハローワークに求人があったので、子供が小さかったため選択したのですが、周りの正職員のスタッフはパソコン作業すらまともにできないような人ばかりという職場でした。私は日勤のみで契約職員として働いていたのですが、正職員と同じように委員会の仕事を頼まれて、医療機能評価取得にあたってのマニュアルの修正・作成をしなければならなくなりました。

負担の軽減はしてもらったがやはり頼りにされ

そのマニュアル作成にしても、頼れる先輩が一人しかおらず、その先輩に聞いたり、関連する他職種のスタッフと共同作業したりしながら、修正・作成に至りました。あまりにも個人で負担する仕事量が多かったので、上司に相談しました。おかげでその委員会の委員長へも伝わり、負担は少し軽減されました。しかし、電子カルテ化もされていないため、パソコンに疎いスタッフばかりだったので、マニュアル作成においても自分を頼りにしていると上司から言われて、全てを断ることはできない状態でした。

言われるままにするのではなく

上司に相談したことで、結果的に業務の負担が減ったので良かったです。それでも、日勤のみで正職員でもない自分ばかりに負担が降りかかるのは、本当に不快でした。人によっては、上司に相談できずに言われるがままになってしまうこともありますが、おかしいと思ったら相談するべきだと思います。

まずは看護師としての仕事をきちんとこなす

それでも、まずは自分の仕事をきちんとこなすことです。そうして初めて自分にも権限が発生します。仕事もきちんとできていないのに、仕事に対して不満や文句を言うのはお門違いです。転職先で職場に馴染むためには、ひたすら仕事をきちんとやること。周りに評価してもらえることで、いろいろなスタッフへの信頼関係も生まれるし、相談もしやすい環境になると思います。