看護師が転職するきっかけってこんなにいろいろ

転職先では中堅看護師の先輩たちに守ってもらった

転職経験のある看護師さんは多いと思います。結婚や出産を機に転職したり、あるいは職場の環境になじめず転職したり。それに、看護師は世の中が不況でも比較的簡単に職場が見つかる職業ですから、そのおかげで転職しやすいというのもあるでしょう。実際に転職経験のある看護師さんたちの声を集めました。


婚活のために転居して転職

30代の女性看護師です。看護師になってから4回転職をしています。総合病院の内科病棟での勤務がほとんどで、結婚するまでは都会の病院でスタッフや患者さんにもまれながら仕事をしていました。結婚前に田舎にもどり、結婚してからはゆっくり働く姿勢に変え、現在は二人の子供を育てています。

地方は職場の選択も限られるけれど

総合病院の血液内科で働いていたとき、結婚したいと思い婚活を始め、都会から田舎に引っ越しをする際に3回目の転職をしました。転職先は同じような総合病院の内科になりました。田舎の病院はほとんど選択肢がなかったのですが、とにかく閉鎖的ではなくいろんな科があると働き方も少なくとも一つではないので総合病院希望で選びました。

年配の看護師とやり方が合わず

その3回目の転職先で、ちょっと苦労しました。その職場に居た歳の離れたおばちゃんナースは、とにかく自分のやり方が一番正しいといった姿勢で対応されるため、自分のやってきたとこをわざわざ変更せざるをえず大変でした。結果よければ過程は本人に任せてくれてもいいのでは?と何度も思いました。

中堅の先輩看護師に相談した

若い看護師が数名いたので、最初に相談したのですが、どうやらおばちゃんたちとの癒着がありやや孤立してしまうはめになりました。また、若い人といっても実家暮らしで外に出ての経験がないような人たちしかいなかったので、私とは話が合わないような甘い考えの人たちでした。そのため、私がしばらく仕事をしていく中でお世話になった中堅看護師の先輩たちに相談したり、勤務中も頼ったりしていました。

相談は相手を見極めてからにしよう

職場の人間関係などで困ったら、まず身内や職場とは関係ない人に相談するのがいいのかもしれないと思います。職場での相談は、人を見て見極めてからのほうがいいように思います。私の場合、おばちゃんたちは若い看護師のカメレオンぶりもわかっていたのか、あまり興味もしめさずそれまで同様扱っていました。中堅看護師の先輩が守ってくれたおかげで働きやすい状況で仕事もでき、結婚もできました。

ちゃんと仕事ができる看護師なら大丈夫

転職先では色々とあるかもしれませんが、大体の年配の人は仕事がちゃんとできて、時間内に終われば文句はないと思います。人の悪口を言わず、患者さんに敬意を払える優しい看護師であればどこにいっても務まると思います。